使わなくなったチェーンの廃棄はどうすればいいの?

 チェーンを使わなくなった理由はいくつかあるでしょう。新たにクルマを購入しサイズが合わなくなった。摩耗が激しく使用の限界。まだ使えそうながら5年以上経過で使用期限と判断、などかな。

 使わないし保管しておいても意味が無いので処分したい。ただゴミに出して良いものか、調べる必用があります。

 例えば神奈川県横浜市は、プラスチック製なら縦横高さ全てが50cm未満であれば「燃えるゴミ」、縦横高さ全てが50cm以上であれば「粗大ゴミ」。金属製は縦横高さ全てが30cm未満であれば「小さな金属類」、縦横高さ全てが30cm以上であれば「粗大ごみ」となっています。

 埼玉県川口市は、ゴム製なら「粗大ゴミ」、金属製なら40cm以内は「資源物 金属類」、40cmを超えるものは「粗大ゴミ」です。

 各自治体によって「燃えるゴミ」、「資源物」、「粗大ゴミ」など区分けは異なります。必要によりご確認を。因みに我が町では、クリーンセンターへ自己搬入(廃棄物搬入確認券で無料)、ゴム製は燃やしてよいゴミ、となっていました。金属製は面倒だな・・

 とうことで、オークション等へ出品してみよう、はご注意を。

 JASAA認定品共通警告書によると、非金属製及びケーブル式チェーンは5年間継続使用すると、経年劣化し性能が十分発揮出来ない場合がある、としています。5年経過した製品は、たとえ全く使用していなくとも、劣化等により安全性能低下が懸念されます。

 その製品を出品等することで後々問題となる可能性があるかも。逆にその製品を購入する場合も安全性が心配です。諸々考えると使用しなくなったら廃棄、購入は新品を推奨します。

2017-2018年に向けられた最新タイヤチェーン情報! 最大規模の専用ページを構築し充実展開でお伝えする。市場特性から最近の傾向まで、チェーン選びに役立つ豊富な情報を惜しげもなく掲載する。
2017-2018年 最新タイヤチェーンを選ぶ。近年はこの3タイプが主流、非金属チェーン、金属チェーン、そして最近普及著しいタイヤに被せる布製カバー。各々の特性を独自観点から探る。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336