スタッドレスのブランド統一でSUV専用のらしさが気になる

 SUV/4×4専用スタッドレスタイヤの乗用車用ブランドへ統一する動き、先行する乗用車用の先進技術搭載により好意的な捉え方をして来ました。最大主張となるアイス路面での効きに大いなる期待を抱いた訳です。しかしここに来て、ん・・ と思うインプレッションをいただきました。

 今シーズンの新製品ヨコハマ「iceGUARD SUV G075」、それまでのSUVブランド GEOLANDAR とは決別し、乗用車用ブランド iceGUARD を採用します。SUVにも氷上性能へ注目し、従来よりも大幅な向上を謳っています。

 いただいたインプレッションは、SUVタイヤらしさなくなり乗用車向きタイヤに近づいた、という体感です。剛性含め安定性への不安、いわゆる専用性に対する基本性能のらしさが薄れているということでしょうかね。

 従来の「GEOLANDAR I/T-S」はこの点に評価を得ていた製品だったのでは。バランス性能の方向性が今回明確に異なる、ということかと。これは興味があるところです。既述したようにブランド統一は好意的な面ばかりに注目して来ました。しかし・・です。

 このあたり他製品に対しても同様に興味があります。インプレッションは実体感したもの、いただく全てに信憑性を感じます。従来からの違いなど、是非投稿をお願いします。

広告
336
広告
336