構造・形状によるチェーン不適合タイヤがある

 チェーンには装着に適しない不適合タイヤというものがあります。タイヤの構造・形状により装着出来ないのです。で、どんなタイヤが該当するのか調べたら、多くは4×4に装着されるM/T(Mud Terrain)=オフロード対応などがそれです。

160728

 例えば、カーメイト「バイアスロン クイックイージー」の場合(一例)

ブリヂストン DUELER M/T 674
ヨコハマ GEOLANDAR M/T+
ダンロップ GRAND TREK MT2
トーヨー TRANPATH M/T
グッドイヤー WRANGLER MT/R
(詳しくは カーメイト公式サイト で確認を)

 M/Tタイヤは、ダートでもマッドでもしっかり路面を掴む本格的な4WDオフロードタイヤです。通常よりトレッド面の溝が深く、また剛性に優れたブロック構成が強力に路面に食い付きグリップします。岩や石へのヒットにも強さが発揮される得意性を持ちます。

 しかしチェーン装着ではこのブロック構成が邪魔になるのです。サイズの適合性、そして装着時のフィッティングに問題があります。外れたり損傷したりする恐れがあるという。購入前には必ずメーカーの公式サイト、または購入店で確認して欲しい。

 もし装着がダメ、他製品を探したがありません、ならどうすべきか? MTタイヤはM+Sを謳い浅雪での走行を可能としています。しかしそれは限定的と捉えたい。

 ブロック配置による溝の多さは接地面が少なく、トレッドゴムは岩や石へのヒットにも強さが発揮されるよう少し硬めに造られています。ところが雪による路面温度低下でゴムは更に硬くなり、路面への接地性は著しく低下します。深雪のラッセル走行はそこそこ行けるかもしれません、でも圧雪やアイス路面では厳しい。

 やはりスタッドレスでしょ。SUV/4×4スタッドレスの専用性に頼るのが安全だと考えます。

最新タイヤチェーン情報! タイプは大きく分けてニッケルなどを利用した「金属チェーン」とゴムや樹脂などを利用した「非金属チェーン」、そして最近では「布製タイヤカバー」も普及しそれぞれに特徴がある。
最新タイヤチェーンに関する製品詳細情報。様々な特徴を備えた3タイプの注目製品をそれぞれピックアップ、特徴に触れた上で製品性能に迫る。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336