スタッドレスタイヤ装着率調査を新たにリンクしました

 10月下旬から11月、そして12月にかけて行われるスタッドレスタイヤの装着率調査、その目的は早期の交換を促し、雪道の安全走行に対する啓発を目的にしています。当サイトでは、NEXCO東日本東北支社が行う東北地方、そして今シーズンから同北海道支社が行う北海道、双方の結果を掲載しタイヤ交換の目安にしてもらおうと考えています。

 現在、東北支社では 第2弾(全体装着率31%)まで終了。今年は10月31日から調査を開始、11月7日、14日、21日、28日、12月5日の全6回です。また北海道支社は 第3弾(全体装着率72.9%)まで終了。こちらは装着率が80%程度に達するまで実施する予定だという。

 で、これまではトップで淡々と伝えて来たのですが、今シーズンは注目度が違う。特に東北支社の結果には多くの興味が寄せられています。そこでスタッドレスタイヤ関連のメインとなる 性能比較表 へもリンクしました。ページ下部に【東北地方】と【北海道】双方を掲載、今後の追加にも対応します。

 ということで、既に季節は冬です。スタッドレスタイヤへの早期装着が望まれます。

2018-2019年のスタッドレスタイヤ製品動向はどうよ? 爆発した昨シーズンだし静かな展開になるのでは、が当初の予想。ところが蓋を開ければ例年並みの盛り上がり、いや昨シーズンから繋がっているしこれまでにない露出の多さとなるのは間違いない。
アジアンスタッドレスの魅力は何処なのか、詳細に探る! 最新は日本の雪質を理解すべく北海道を拠点に開発テストを実行、雪国の日常使用を想定したヘビーユーザーから、都会派ユーザーまで幅広く対応、日本専用設計を謳うなど製品レベルの向上を果たす。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336