【北海道】冬用タイヤ装着状況調査(第3弾) 2016

 NEXCO東日本北海道支社が行った 冬用タイヤ装着状況調査 の第3弾が発表されました。第1弾(10月17日調査)は全体平均19.5%、第2弾(10月24日調査)は39.9%、そして今回第3弾(10月31日調査)は72.9%に上昇しています。

 調査場所は、高速道路各IC付近の商業施設等の駐車場です。駐車している車両のタイヤ種別を調査員が目視で確認します。装着率が80%程度になるまで実施する予定だという。以下第3弾の結果です。

【道央道】
大沼公園IC付近市街地 68.9%
室蘭IC付近市街地 64.1%
苫小牧東IC付近市街地 58.8%
北広島IC付近市街地 75.2%
岩見沢IC付近市街地 100%
旭川鷹栖IC付近市街地 100%
【札樽道】
朝里IC付近市街地 97.1%
【道東道】
音更帯広IC付近市街地 66.7%
十勝清水IC付近市街地 81.8%

 全 体 72.9%

 岩見沢・旭川地域では100%に到達。一方で大沼公園・室蘭・苫小牧東といった道南地域では、昨年と比べ装着率が低い。但し、調査日の10月31日以降かなりの積雪があったので、最新はもっと高い数値になっているのでは。いずれにしても冬用タイヤへの交換を急ぎたいものです。

NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区)は、冬用タイヤへの交換を喚起し、雪道運転の安全走行を啓発することを目的に、高速道路における冬用タイヤの装着状況調査結果を公表いたします。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336