2016年10月新車販売ランキング 入れ替わりが激しい

 2016年10月新車販売ランキングが発表されましたのでお伝えします。自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽協(全国軽自動車協会連合会)が公表、それを併せ当サイトでは総合ランキングとしています。タイヤが目指す方向付けに新車販売動向は大きく影響します。従ってその時々のクルマ事情を把握することは重要です。

【10月トップ10ランキング】

1、トヨタ プリウス 14,053台
2、ホンダ N-BOX(軽)13,891台
3、ダイハツ ムーブ(軽)12,502台
4、トヨタ アクア 12,480台
5、日産 セレナ 12,408台
6、トヨタ シエンタ 10,778台
7、ダイハツ タント(軽)10,559台
8、日産 デイズ(軽)9,499台
9、ホンダ フリード 9,153台
10、トヨタ ヴォクシー 7,936台

 軽カーに注目すると9月より1車種減って4車種となる。やはり一時の勢いが無いですね。「プリウス」は2位から1位へ返り咲きです。「フィット」はランク外へ、代わりに「フリード」が登場しました。「シエンタ」は安定しています。「セレナ」も新たな登場になるのかな。10月は入れ替わりが激しいです。

広告
336
広告
336