アジアンタイヤは大丈夫? という疑念にはこう示す

 アジアンタイヤは大丈夫? という疑念はまだまだ残っているでしょうね。何を今更、と思っているのは私を含め少数かな。新興国製タイヤの総称がアジアンタイヤ、その中で上位のシェアを持つメーカー以外は怪しい、ということらしい。たまたま見たネットニュースから。

 アジアンタイヤは1stグループと2ndグループに括っています。そして3rdグループも存在するという。3rdは国内導入実績がほとんどない、とし製品への不安を挙げています。スタッドレスタイヤでは更に懸念が強まるとも。

 ただタイヤ選びは価格で、という最後のまとめが非常に違和感あり。このあたりを含め思うこと触れたいと思います。

 黎明期ならこんな話題はいくらでもあったかな。ところがアジアンタイヤを直に感じた人は少数、多くは噂や囁きを自身の意見として自信満々で説いていたかと。約10年程前のことですが、現在も同様の見解は残っています。

 こんな時、必ず対比で高性能と示されるのはミシュランが多い。それもプレミアムスポーツなどですから、そりゃどう見ても比較がオカシイでしょ。国内メーカーも同様に推奨されるも、今度はミニバン専用だったりと比較の統一性が全くありません。

 結局、タイヤの選択は相応の価格を持ってして決めるべきとなる。まぁ、高性能=高価なのは間違いありません。しかしながら、黎明期から10年以上の経過によってその考えはいろんな方向に分散されています。

 全ての人がプレミアムスポーツで完璧な走行を望む訳ではない。街中でそこそこの走りに耐えられるのなら十分、という層が居るのも見逃せない。ここに安心安全なら高価なプレミアムだよ、と言ってもどうだろう。私なら金が無いっす、となる。

 アジアンタイヤの1stと2ndについては当サイトでもある程度の線引きをしています。 世界シェアを参考にすると、1stならトップ10内にも入る規模でHankookやMAXXIS、そしてKUMHOなど。これらは国内のヨコハマやトーヨーをも上回る、もしくは同等の位置付けです。過去、メジャーメーカーとの提携で習得した技術は一部ながらも本家を抜く勢いさえ得ていることに。

 その実力は決して侮れないかと。新車装着では、欧州メーカーのしかもプレミアムに採用されるなど着々と実績を重ねています。市場として欧米を意識した戦略、そこから国内にも向いており話題が広がります。

 そして2nd、ここに括られるメーカーが実はかなり活発化しています。一律的な施策に留まらず、普及の最大因子を持って国内市場へ向いています。1stが既にアジアンタイヤの括りを超えた、とも言い換えられる中で、現在では最も代表する位置付けになっているかと。NANKANG、NEXEN、ATR RADIAL、FEDERAL、KENDA‥具体的に挙げるとこのあたり。

 新たに登場した3rdはどう捉えるべきか。ほとんど国内では見られない、というある意味貴重な製品なんでしょうけれど、粗悪品とまで断定していいものかどうか。

 遡ること2016年1月の東京オートサロンでは、最後に立ち寄ったのが中国系メーカーでした。ブースではお姉さんがお菓子を食っているし、やる気あんの? が全開。他にも知らないメーカーがいくつか出展しており3rdとはこのあたりか。こんな姿を見せられると不安要素が完全払拭にならないのはショウガナイ。

 それだけではない。国内に根付く工業製品に対する信頼性、国内メーカーが最大と考えます。続くのが世界的メジャーメーカーになるでしょうね。国内でのシェアは国内メーカーが依然として圧倒します。海外メジャーでさえもその切り崩しには難儀しています。

 そこに価格だけで戦略を打ち出すには無理がある。一時の物珍しさは過去のものだし、更なるプラス要因が求められています。但し価格の安さも譲らずに、です。

 なら価値を見出すのは、現在のスポーツカテゴリーに見られるような突出したドライグリップが一例かも。一見過激とも思えるその性能、しかも価格はそれを踏襲する。荒削りなのは妥協点、その代わり安さが得られます。

 そんな中、ピレリの戦略は一味違う。夏タイヤ「Cinturato P1」、スタッドレスタイヤ「ICE ASIMMETRICO」はいずれも中国工場から発送されます。アジア・パシフィック向けとして国内市場をも意識した製品です。ピレリそのものが中国企業に買収された影響が既にあったのかな。

 中国メーカーの製品と、メジャーメーカーによる中国工場からの出荷では意味合いが異なります。このあたりも含んでおくと、これまでとは異なる理解に繋がるかも。情報はネットに溢れています。そこは是非自身で判断を。参考のひとつに当サイトも含めて欲しい。実はこれが言いたかった。

広告
336
広告
336