アジアンタイヤは大丈夫? という疑念にはこう示す

 アジアンタイヤは大丈夫? という疑念は残っています。何を今更、と思っているのは私を含め少数かな。新興国製タイヤの総称がアジアンタイヤ、その中で上位のシェアを持つメーカー以外は怪しい、ということらしい。たまたまネットで見たニュースです。

 アジアンタイヤは1stグループと2ndグループに括っています。そして3rdグループも存在するという。3rdは国内導入実績がほとんどない、とし製品への不安を挙げています。スタッドレスタイヤでは更に懸念が強まるとも。

 ただタイヤ選びは価格で、という最後のまとめが非常に違和感を覚えたんです。このあたりを含め思うこと触れたいと思います。

 黎明期ならこんな話題はいくらでもあったかな。ところがアジアンタイヤを直に感じた人は少数、多くは噂や囁きを自身の意見として自信満々で説いていたかと。約10年程前のことですが、現在も同様の見解は残っています。

 こんな時、必ず対比で高性能と示されるのはミシュランが多い。それもプレミアムスポーツなどですから、そりゃどう見ても比較がオカシイでしょ。国内メーカーも同様に推奨されるも、今度はミニバン専用だったりと比較の統一性が全くありません。

 結局、タイヤの選択は相応の価格を持ってして決めるべきとなる。まぁ、高性能=高価なのは間違いありません。しかしながら、黎明期から10年以上の経過によってその考えはいろんな方向に分散されたのも事実です。

 全ての人がプレミアムスポーツで完璧な走行を望む訳ではない。街中でそこそこの走りに耐えられるのなら十分、という層が居るのも見逃せない。ここに安心安全は高価なプレミアムだよ、と言ってもどうだろう。私なら金が無いっす、となる。

 アジアンタイヤの1stと2ndについては当サイトでもある程度の線引きをしています。でも新たに登場した3rdとはどう捉えるべきか。ほとんど国内では見られない、というある意味貴重な製品なんでしょうけれど、粗悪品とまで断定していいものかどうか。

 2016年1月の東京オートサロンでは、最後に立ち寄ったのが中国系メーカーでした。ブースではお姉さんがお菓子を食っているし、やる気あんの? が全開。他にも私が知らないメーカーがいくつか出展しており3rdとはこのあたりかな。

 いずれにしても不安要素が完全払拭にならないのはショウガナイ。だって工業製品に対する信頼性は国内メーカーが最大と考えます。続くのが世界的メジャーメーカーになるでしょうね。

 そんな中、ピレリの戦略は一味違う。夏タイヤ「Cinturato P1」、スタッドレスタイヤ「ICE ASIMMETRICO」はいずれも中国工場から発送されます。アジア・パシフィック向けとして国内市場をも意識した製品です。ピレリそのものが中国企業に買収さる影響が既にこのころからあったのかな。

 ただ中国メーカーの製品と、メジャーメーカーによる中国工場からの出荷では意味合いが異なります。この点も考慮しないといけないのでは。

 まとめましょう。アジアンタイヤだから、アジアンタイヤの1stではないから、だけで判断するの個人的には違和感があります。「N6000」、「ATR SPORT2」、「N7000 Plus」、そして「ESSN-1」・・だって評価点を見出したし、相応の受け入れ実績を持っています。

 価格の安さ=性能差 は当然認めるところです。なので敢えてメジャー製品との比較は意味無しと考えます。高度なレベルを求めるのなら絶対メジャーへ向うべきです。対してそこそこの性能で価格を求めるならアジアンタイヤも選択肢となります。

 情報はネットに溢れています。そこは是非自身で判断を。参考のひとつに当サイトも含めて欲しい、実はこれが言いたかった。

日本のタイヤ市場で既に一定層を獲得した、台湾、インドネシア、韓国、中国などの、いわゆるアジアンタイヤ。しかしながら、本質はまだ完全には伝わらない。ここでは近年販売成長率でも国内タイヤメーカーにとって脅威となる? その詳細に迫ります。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336