チェーン装着時には指針となる最高速度の厳守を!

 チェーンを装着するシーンは程度の違いこそあれ、アイス路面や雪路などが想定されます。ここでの注意点として、いずれも急の付く運転は避けなければなりません。急停止、急ハンドル、急発進などは操縦安定性が著しく低下し大変危険です。

 またこれを繰り返すとチェーンが損傷し寿命が短くなる恐れがあります。更には速度の出し過ぎにも注意を払いたい。メーカー指針としてこれ以上の速度で走行しないで欲しい、となっているはず。重要なことです。

161002

 例えば、非金属タイプの人気製品であるカーメイト「バイアスロン クイックイージー」、50km/h以下厳守となっています。一方、金属タイプならコーニック「P1マジック」、こちらは50km/hを超える速度は出さないで欲しい。そして簡単装着を謳うタイヤに被せる布製カバー、「オートソック」は制限速度50km/hだという。

 ここに挙げた3点はいずれも50km/hまでを目安としています。しかし、どうだろう? タイプにもよるけれど50km/hは相当速いと感じます。乗り心地や効きの高さから安心が得られると速度も自然と出てしまいます。

 JAFではこんな注意を施しています。

 所詮、チェーンはタイヤの補助具に過ぎません。いくらタイヤにフィットさせるように装着しても、タイヤは高速回転しており遠心力はチェーンにも働いています。走行中は必ずタイヤとチェーンは離れているものと考えてもよいでしょう。従ってスピードを出し過ぎるとチェーンが切れてしまうことが十分にあり得るのです。金属タイプでは30km/h以下、非金属タイプでは50km/h以下がスピードの目安です。

 チェーンに対してはメーカーの注意も非常に目立ちます。それだけ正しい使い方をしないと危険もある、ということなんでしょう。ここを噛み砕いてまとめるとこうなるかな。

 チェーンは飽くまでも緊急用の滑り止め装置であり、アイス路面や雪路を少しでも安全に走行出来るように考えられた製品です。装着することで通常と全く同じ走行が可能となる訳ではありません。

 しかも消耗品であることを理解すべきです。車の速度が上がる程に摩耗が進行し寿命に影響します。また速度が上がればいくらタイヤにフィットさせても、遠心力でチェーンはタイヤから浮き上がります。最悪は車体に接触し傷つけたり、外れたら重大な事故になる可能性があります。

 JASAA(ジャサ)認定品なら距離600km以上の耐久性や、日本一長い関越トンネル(10km以上)も装着したままで走行可能です。それでもライフへの意識と安全性を考えれば、速度の出し過ぎはいずれもマイナスを招く恐れがあることを理解しておきたいものです。

2017-2018年に向けられた最新タイヤチェーン情報! 最大規模の専用ページを構築し充実展開でお伝えする。市場特性から最近の傾向まで、チェーン選びに役立つ豊富な情報を惜しげもなく掲載する。
2017-2018年 最新タイヤチェーンを選ぶ。近年はこの3タイプが主流、非金属チェーン、金属チェーン、そして最近普及著しいタイヤに被せる布製カバー。各々の特性を独自観点から探る。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336