アジアンスタッドレスコンテンツ メジャー製品に過去最高レベルで迫る

asia_header_right-win

 9月最初のランキング、注目するのはスタッドレスですね。銘柄別7位にNANKANG「ESSN-1」が登場しました。性能比較でも関連コンテンツとして アジアンスタッドレスタイヤ比較 が2位まで到達しています。メジャーの動きに比較してやや遅いアジアンスタッドレスながら、このタイミングから勢いは増すはずです。

 新製品となるHankook「Winter i*cept IZ2A」の掲載を終えました。これにより2016-2017年のアジアンスタッドレス関連の更新完了を改めてお伝えします。一応、は削除し完成です。

 今シーズンはメーカー別に分離し、ラインアップ全体の特徴にも触れ充実は相当なもの。タイヤWEBに掲載するメジャー製品に過去最高レベルで迫る展開が実現したのでは、と自己評価を高めます。リアルレポートも含め新シーズンへ対応したコンテンツを是非確認して欲しい。

アジアンスタッドレスの魅力は何処なのか、詳細に探る! 最新は日本の雪質を理解すべく北海道を拠点に開発テストを実行、雪国の日常使用を想定したヘビーユーザーから、都会派ユーザーまで幅広く対応、日本専用設計を謳うなど製品レベルの向上を果たす。
毎週金曜日に更新するコンテンツランキング、当サイトのページ毎アクセス数をランキングで伝える -アジアンタイヤWEBサイト-
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336