ブリヂストン ハイグリップスポーツ POTENZA RE-06D 発表【新製品】

 ブリヂストンでは、ハイグリップスポーツタイヤ「POTENZA RE-06D(アールイー 06ディー)」を発表しました。これって「RE-71R」の新製品? ではないですね。そう、激しいタイヤ戦争が続く GAZOO Racing 86/BRZ Race用タイヤ としての発売です。このジャンルの動きが凄くて正直何がどうなのかわからない状態です。

 昨年を確認したら「POTENZA RE-05D」を7月9日から発売しています。205/55R16 91V の1サイズ、しかも プロフェッショナルシリーズ の競技規定を満たしているという。で、「POTENZA RE-06D」も同様です。(発売サイズは 205/55R16 91V の1サイズ、発売は2016年8月2日から)

 同レースは2015年から プロフェッショナルシリーズ と クラブマンシリーズ の2つの構成に変更され、プロフェッショナル は全日本レース選手権相当のカテゴリーでの入賞者等、その他トップカテゴリーへの出場者です。

 タイヤは双方規定があり、クラブマン で使用できるのは各メーカー1銘柄指定です。プロフェッショナル は国内市販タイヤであり、Sタイヤおよびそれに準ずると判断されたら認められない、などいろいろ。

 ということで プロフェッショナル 規定を満たした「POTENZA RE-06D」は、専用開発された構造、パタン、形状、コンパウンドを採用、ブロック剛性とコーナリング時の接地性を向上し、ウェットとドライの両立を追求しています。これにより、サーキットでのあらゆる場面に対応可能な高いグリップ力を発揮するスポーツタイヤ、だという。
 
 一応公道走行可能ながら、サーキットでのラップタイム短縮に傾向した製品です。このあたりの開発を重ねることで「RE-71R」の後継に繋がって来るのでしょう。

広告
336
広告
336