ヨコハマ ADVAN FLEVA V701 低燃費性能の根拠が凄い!

 ヨコハマの新たなスポーツタイヤ「ADVAN FLEVA V701(アドバン フレバ ブイ701)」、4月にアナウンスされ8月発売を伝えました。

ヨコハマ ADVAN FLEVA V701 発表 スポーツへ 【新発売】
 ヨコハマでは、ADVAN の新製品として「ADVAN FLEVA V701(アドバン フレバ ブイ701)」を発表しました。グローバル・フ・・

 既にヨコハマの公式サイトには、「ADVAN FLEVA V701」の商品情報として詳細が掲載されています。特徴付けは、攻めのスタイルを感じさせるデザイン、素直な操作性、高いウェット性能、そして静粛性に優れたスポーティータイヤです。

 プレミアムスポーツ「ADVAN Sport V105」のプロファイルを継承しながらも、街中での快適性とスポーツ性能に対する要求を底辺から支える懐の広いタイヤ性能、という認識を持ちました。ブリヂストンでいうところの「POTENZA Adrenalin RE003」では。

 しかしながら、驚いたことがある。低燃費性能を謳うのは承知しています。その根拠が凄いんです。ラベリング制度の転がり抵抗係数「A」を示している! サイズによって「B」もあるけれど。更にウェットグリップ性能は全サイズ「a」。これって立派な低燃費タイヤでは。

 因みに「A/a」だけなら、ヨコハマ「BluEarth-A」や「BluEarth RV-02」などがある。コンフォートやミニバンを誇る今話題の低燃費タイヤと同じことです。

 タイヤにとってスポーツと低燃費は対極にある性能です。スポーツカテゴリーの低燃費タイヤ化が実現出来ていないのはここが一番の理由かと。なので今回「ADVAN FLEVA V701」の低燃費性能とウェット性能には最大の注目を図りたい。

 これまでスポーツと言えば圧倒的なドライグリップへの傾向です。そこに新たなポジションを受ける「V701」へは興味高まります。8月が待ち遠しいかな。

広告
336
広告
336