5月はやっぱり辛抱 でもその先には新たな展開が期待される

 辛抱の5月ながら今年こそは脱したい、と思います。で、半月経過してみると、あああ、やはり厳しいなぁ。タイヤ需要で狭間となる5月、目立つ話題が少ないですから。

160516

 例年スタッドレスから夏タイヤへ交換となる3-4月、ここに需要を合わせます。新たなタイヤで夏シーズンへ向かう、と思うでしょうから。2016年は暖冬でスタッドレスが極度の不振、その分夏タイヤへの交換需要へ期待は高まりました。

 結果大いに盛り上がりましたね。ただ反動もある。GWまで続く需要がその前にカクッとなりました。それを引き摺りながらの5月、相変わらずの月になりつつあります。

 しかし、5月を乗り切ると6-7月のボーナス需要がやって来る。8月もその勢いを維持、後半からはスタッドレスへの興味に切り替わります。9月からはもうスタッドレスが大半を占めるようになります。

 ということで、8月までが夏タイヤの勝負です。その為には春先発売の新製品へ再度注目します。発売から相応経過し認知もそろそろ上がっているはず。サイズだって整いつつあります。5月後半はここに注目します。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336