カテゴリー別性能比較表更新終わるも次はメーカー別比較へ

 GW直前に各カテゴリー別性能比較表を更新しました。一旦は2月末に全体の更新により対応したものの、更に進化させた、と自己満しています。カテゴリーの特徴にまずは触れ、新たに2016年の特徴を追加しました。

16050202

 フェードアウト製品に対しては放置していた現状を打破しないと。それにはまずライナップから削除しましょ。しかし、このままでは寂しすぎる。特にNEXENが大変だ。新たな構築を果たす必要あるでしょ、の考えを強化します。

 結果、RADAR、ZEETEX の追加掲載を図り、HIFLY、MAXTREK、MINERVA、更には MOMO を新掲載した為です。そしたらこのアナウンスをしないと。それが2016年の特徴で示されます。

 各カテゴリー別性能比較表を最更新したら、今度は各メーカー別比較が気になり出した。これでいいというのは無いので、また更新しようと思います。僅かずつでも情報の追加はプラスになるはず。それによる活性化を期待したい。

 3-4月の需要期は悪くなかった。いろんな取り組みが反映された結果では。ここ数年、国内への導入製品に対する意識の高まりが落ちていた。しかしながら、市場は活性化を望んでいたんですね。アジアンタイヤに対するニーズ、まだ伸びる可能性ありです。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336