アジアンエコタイヤ性能比較表 課題多くその実現に期待

 アジアンタイヤにおけるエコタイヤ、理屈云々も重要だけれど如何せん掲載製品が厳しい。NANKANG「ECO-2+」と低燃費タイヤNEXEN「N’blue HD Plus」の2製品止まりですから。カテゴリー展開に必要なボリュームを意識しないと。

eco

 ただ、エコとして耐えられる製品が難しい。低燃費タイヤなら迷わず判断できるも、メーカーによる特徴付けに添えられる転がり抵抗低減や、エコを謳うばかりではどうだろう。その結果の2製品止まりなんです。

 でも折角構築したカテゴリー、しかもタイヤの括りでは重要な役割を果たします。正直魅力を感じない現状況から脱する施策が今後の課題です。

アジアンエコタイヤ性能比較表

広告
336
広告
336