ECOPIA に対する変化 カテゴリー別ブランド展開が理想

 ECOPIA は、言わずと知れたブリヂストンの低燃費タイヤブランドです。市販に留まらず、新車装着にも冠され重要な役割を担います。名前の由来は ECOLOGY(エコロジー) と UTOPIA(ユートピア)、これを組み合わせ ECOPIA ですね。

 ブランド構築は1995年の「EP01」から。タイヤの安全性を保ち、転がり抵抗低減を追求し、製造段階でもCO2排出量の削減を意識しました。2010年には「EX10」が発売されます。2012年には運動性能への期待も持つ Playzブランドが ECOPIA に取り入れられ、ECOPIA PZシリーズとして、実質的に Playz の低燃費タイヤ化が実現しました。

 ECOPIA にとって決定的なポジションを得ることになったのは、低燃費性能とウェットグリップ性能で最高グレーディングを獲得した、業界初の「AAA/a」である「EP001S」が投入されたこと。これにより最高レベルの信頼を手にしたのです。更に2014年には「EX10」の実質後継となる「EX20シリーズ」が登場します。

 ECOPIA として現在まで4世代を経たことになります。1世代が1995年-2000年、2世代が2002年-2008年、3世代が2009年-2010年、そして4世代が2011年-2014年です。

 メインブランドとして構築してきた ECOPIA ながら、2016年シーズンでは変化も見られます。そう、ECOPIA に取り入れられた Playz が、Playz PXシリーズ として再投入されたんです。ECOPIA ブランドを冠せず以前の Playz に戻ったことは大きな意味を持つ、と考えます。

 その意味 ECOPIA 展開による限界です。全てでは無いけれど取り入れた規模の大きさにより ECOPIA 内での差別化に窮するシーンも見られます。カテゴリーによるブランドの専用化こそが理想的展開だと思います。

広告
336
広告
336