アジアンミニバンタイヤ性能比較表 2016年も展開厳しい

 アジアンタイヤの最大懸念がミニバン対応です。専用タイヤの出現最小なのがどうにも困った。ミニバンに対して商用バンのイメージが強い海外では、専用タイヤを投入しても乗用車並みの大きな需要になりにくい。メジャーも同様であり、アジアンタイヤというより海外メーカーに共通した展開です。

minivan

 SUV専用は既に規定路線となり、かなりの拡大が進みます。対してミニバンは、ふらつきや偏磨耗という車種特性が似ているにもかかわらず、投入される気配全くありません。当サイトで掲載する専用タイヤはFEDERAL「FORMOZA FD2」くらいです。

 従ってスポーツやスポーツコンフォートへの代用に委ねます。NANKANG「NS-20」はサイズ設定数も多く、ミドルクラスのミニバンまでなら期待感を示せるのでは。正直そんなレベルで寂しいです。

アジアンミニバンタイヤ性能比較表

広告
336
広告
336