アジアンコンフォートタイヤ性能比較表 2016年は充実展開

 アジアンタイヤには、プレミアムコンフォートカテゴリーを設定していません。快適性への追求が最上級、となるカテゴリーの主張に耐えられる製品が最小であるとの考えからです。よってコンフォートへの掲載に集約され、性能差には幅がある展開でした。

comfort

 2016年でもこの解消は実現しないものの、ラインアップ数に拘れば非常に理想となっています。新たに RADAR、ZEETEX の追加掲載を図り、HIFLY、MAXTREK、MINERVA、更には MOMO を新掲載した為です。

 フェードアウト製品を埋めるには十分、いやそれ以上となったラインアップはスポーツにも迫る魅力を備えています。徐々にレベルアップが進むアジアンコンフォートの新たな構築は、全体の活性化にも繋がっています。

アジアンコンフォートタイヤ性能比較表

広告
336
広告
336