コンチネンタルのライナップ一応完成 今後は更新でフォロー

 課題であったコンチネンタルの夏タイヤ掲載を一応完了とします。国内導入製品全てを掲載した訳ではありませんが、タイヤの性格を見出しながら今後は更新扱いでフォローします。

 分かっていたことだけれど中々ターゲット層に対する絞込みが難しい。コンチネンタル自体がウルトラハイパフォーマンスの認証装着に拘る姿勢を打ち出しており、市販タイヤ最大特徴となる汎用性が随分限定されてしまいます。

 サイズ設定もそうかな。国産車に対する装着に興味レベルを高めている、かは非常に微妙なところ。欧州では高い新車装着率を誇るも、国内展開ではまだ課題が多いのでは。それを受けてヨコハマとの提携解消だったんでしょうね。

 2016年4月1日から国内販売は、コンチネンタルの直接販売に切り替わりました。今後は日本でのタイヤ販売事業 コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社が大きな影響力を示してくれると期待します。

 コンチネンタルはドイツのタイヤメーカー、2014年の世界タイヤメーカーランキングは4位(6.6%)です。欧州での認知は抜群、新装着タイヤとしてコンチネンタルを採用する欧州自動車メーカーは多い。その規模ミシュランをも凌ぐのでは、とも言われれほどです。

 今回難儀しながら掲載を実現しましたので期待は大いに持っています。一部のウルトラハイパフォーマンスのみ注目するなら意味無し。市販タイヤの有効性を見出し、広い見地から可能性を探ります。

タイヤメーカー別製品一覧 – コンチネンタル

広告
336
広告
336