MOMOタイヤ掲載実現に向けて準備中 3月需要はまぁまぁです

 MAXTREK、MINERVA の掲載が実現し展開が進みます。これらには候補となる製品がまだ残るも掲載するかは判断迷う。サイズ数が最小では難しいですからね。それよりも次へ向かいます。MOMO かな。これがいろいろ調べているけれど特徴が掴み難い。

 MOMO=レースシーン、を印象付けます。しかしながら、導入されるのはコンフォートやスタンダードが中心。ドライグリップに傾向したスパルタン、そんな製品を期待していたのに拍子抜け感強く、ここはイメージを変えないといけません。

 MOMO のコンフォートってどうよ。攻め方難しい。乗り心地いいです、静かです、ではいまひとつ。MOMO の快適性ってなんだろう、そこを攻めたい。そんなで、次は MOMO の掲載を図ります。

 これが実現すると2016年当初の懸念が随分解消されます。NEXENを中心としたフェードアウトによって、ライナップの縮小が顕著になりました。これでは全体的な魅力が落ちる。そこでこれまで躊躇していたメーカーの導入を急いだ訳です。

 3月需要は後半から爆発し、単月ではまぁまぁ。この流れを持って4月需要へ繋げます。ラインアップの魅力が高まるのは間違いありません。かなりいい感じになってきた。

 そろそろ夏タイヤへの交換をしないといけない。でも愛車に添う時間が中々取れなくて・・ 本来新たなタイヤ購入を図りリアルレポートに繋げるはずだった。これさえも止まったままです。ひとつずつクリアしていかないと、いつものように尻に火が付く。個人商店は厳しいです。

MOMOタイヤラインアップ – オートウェイ

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336