住友ゴムとダンロップの関わり そしてファルケン強化へ

← ダンロップの国内展開は住友ゴムが継続する から続く

 空気入りタイヤを発明したのはJ.B.ダンロップ、1888年のこと。息子の為に作ったという自転車用タイヤがスタートです。ダンロップは現在タイヤメーカーとしてではなく、ブランドとして存続しています。日本国内では住友ゴムが関係を築いて来ました。

 1909年英国ダンロップ社の工場を日本(兵庫県神戸市)へ誘致、ゴム工場として創業したのが始まりです。1917年ダンロップ護謨株式会社として日本法人を設立。1937年日本ダンロップ護謨株式会社と改称されます。

 1960年住友グループ(住友電工が主体)が資本参加、1963年住友ゴム工業株式会社に社名変更。これにより住友グループの経営となったのです。

 住友ゴムは1984年多額の債務を抱え経営危機にあったダンロップ(英国ダンロップ社)に対し、英独仏の6工場およびタイヤ技術中央研究所を買収。1985年ダンロップ本体のタイヤ事業を買収、1986年米ダンロップを買収しました。

 1999年今度は米国グッドイヤー社と株式の相互持ち合い、タイヤ事業におけるグローバル・アライアンスを締結。ダンロップブランドの世界的住み分けが進みます。ダンロップの経営権を欧州と北米ではグッドイヤーが、日本では住友ゴムが主導権を握ることになります。

 2003年オーツタイヤ(ファルケン)を吸収合併。2005年ダンロップファルケンタイヤ設立、2010年住友ゴム工業に統合。これにより国内ではダンロップ、ファルケン、グッドイヤーの3つのブランドタイヤを製造することに。そして2015年、米国グッドイヤー社とタイヤ事業におけるアライアンスを解消。

 ここから新たな展開へ向かいます。それがファルケン強化。世界販売本数を2020年に現状の2倍、構成比率も2割から3割に引き上げるという。ファルケンの自由度を最大限活用し、欧米、そして中国などでの販売体制を拡大します。

 ファルケンは2003年の吸収合併から、国内ではダンロップ、グッドイヤーとともにブランドのひとつとして展開されることになりました。その後、海外強化によって国内では非常に厳しい、というか寂しい時期を迎えます。ファルケン消滅を危惧したほどです。

 しかしながら、グッドイヤーとの解消はファルケンに対して好機到来。住友ゴムにとってはダンロップの限定とグッドイヤーを失うよりも得るものがあった、と思うのですが・・

 社名は住友ゴム工業株式会社、本社所在地:兵庫県神戸市・東京本社:東京都江東区、創業は1909年、2016年12月末現在の従業員数は6,693名、2015年世界シェアは6位(3.8%)、国内はブリヂストンに次いで2位です。

ダンロップの国内展開は住友ゴムが継続する
 2015年、住友ゴムとグッドイヤーがアライアンス契約および合弁事業の解消について合意、2015年6月4日付けで正式に発表しました。双方とも・・
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336