ファルケンの展開 新製品「ZIEX ZE914F」へ向く

東京オートサロンの報告が続きます。もう飽きた人も居るかなぁ・・ ならより一層気合を入れてお伝えしましょう。今回はファルケンです。住友ゴムの施策によって新たな注目を得ることになった2015年、それを経ていよいよ真価が問われる2016年です。中心となるのは新製品「ZIEX ZE914F」では。

16012601常に人が群がる。その先には・・

16011715キレイなお姉さん

 「ZIEX ZE914F」は、コンフォート低燃費タイヤ「ZIEX ZE914」のウェット性能を向上させた製品です。「F」はコンパウンドの進化と捉えています。9%の向上によりラベリング制度のウェットブレーキ性能を「c」から「a」、もしくは「c」から「b」へ引き上げています。トレッドパターンは基本踏襲を図っている。

16011714「ZIEX ZE914F」

16012602 トレッドパターンは従来を踏襲

16012603WAX塗り過ぎでは。テカテカが酷い

 「SINCERA SN832i」はスタンダード低燃費タイヤです。ラベリング制度で「A/b」、もしくは「A/c」のグレーディング。「SINCERA SN832」からの進化です。

16012604 「SINCERA SN832i」

 「AZENIS RT615K」はスポーツタイヤです。闘えるタイヤとして性格付けられ、ハードな限界走行のサーキットランに集約されます。ロングライフ性能やウェット性能も確保しています。その他オールシーズンやランフラットもラインアップされています。

16012605「AZENIS RT615K」スポーツタイヤそのもの。

16012606 オールシーズン「EUROWINTER HS449」

16012607「AZENIS FK453 RUNFLAT」

 意外、と言っては失礼だけど常に人が群がっている。その先にはキレイなお姉さんだけではない。グローバル製品をも積極導入し新たな構築を果たした結果では。2016年への期待は大きい。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336