チェーン装着に重要 適合サイズとクリアランスの確認

 タイヤチェーンは購入前に、適合サイズ と タイヤハウス等のクリアランス をしっかり確認したい。悩み悩んで高価なチェーンを購入した、でもイザ装着しようとしたらサイズが合わない。また何とか装着出来るけれどタイヤハウスのクリアランスがギリギリ、ハンドルを切ると当たる、では走行出来ません。

 チェーン適合サイズは、タイヤの純正サイズを基に適合表で確認します。もしインチアップなどで純正装着サイズ以外を装着しているのなら、面倒ながらショップ等で必ずフィッティング確認をした方がいい。

 スタッドレスタイヤに装着する場合にも注意が必要です。夏タイヤと同サイズでも装着出来ないケースがあるんです。スタッドレスはブロック形状が特殊、ショルダーからサイドにかけては角ばっています。対して夏タイヤは滑らかな形状です。従ってスタッドレスは大きめでないと装着出来ない製品があります。

 これ全てではないので紛らわしい。製品により異なるということ。適合表はメーカーの公式サイト、またショップ等のサイトでも確認出来ます。

 次にタイヤハウスのクリアランスについて。クリアランスとはタイヤと車体の隙間です。チェーンはクルマの走行、というかタイヤの回転による遠心力で膨らみます。隙間が一定幅無いと車体に干渉し走行に支障が出ます。そもそも装着自体が難しいかな。製品により確認箇所が指定されており、一般的な目安としては以下の場所です。

■タイヤトレッド面とフェンダーとのクリアランス(横からのイメージ)

16112403

■サスペンションやブレーキ回りのクリアランス(前からのイメージ)

16112404

 一部製品を取り上げるとクリアランスはこうなっています。メーカーの記載をそのまま載せておきますね。

【カーメイト バイアスロン クイックイージー】
フェンダーまわりで3cm以上、タイヤ裏側で2cmのクリアランスがあること。

【イエティ スノーネット】
指定する各クリアランスが2cm以上あること。

【ソフト99 救急隊ネット】
タイヤハウスやサスペンションなどと、タイヤやホイールが3cm以上あること。前輪に取り付ける際はハンドルをいっぱいに回した状態でも確認を。

 最後にもう一度繰り返します。確認はメーカーの公式サイト、もしくはショップ等のサイトでお願いします。当サイトに問い合わせをいただいても応えられません。

2017-2018年に向けられた最新タイヤチェーン情報! 最大規模の専用ページを構築し充実展開でお伝えする。市場特性から最近の傾向まで、チェーン選びに役立つ豊富な情報を惜しげもなく掲載する。
2017-2018年 最新タイヤチェーンを選ぶ。近年はこの3タイプが主流、非金属チェーン、金属チェーン、そして最近普及著しいタイヤに被せる布製カバー。各々の特性を独自観点から探る。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336