スタッドレス Vs. チェーン どちらがいいのか考えた結果

 スタッドレスタイヤとチェーンはどちらがいいのか? という問いにはどう答えるべきか。どちらでも買える、というのなら迷わずスタッドレスタイヤを勧める。

160923

 スタッドレスタイヤの優位性は、快適性そして雪が降る度に装着する手間が必要ないこと。最新なら夏タイヤに迫る低燃費性能やドライ性能も高度化しています。乗り心地と静粛性も優れている。

 また雪の無い冬の路面では、柔らかいゴムの特性から夏タイヤよりもグリップ効果が得られることで安全性が高まります。そして何よりも、アイス、スノー、シャーベットなど変化する路面環境に対応する性能を備えています。

 マイナスは高価なこと。そして氷雪路での絶対的な効きは劣るかな。使用しない時の保管場所も必要です。

16112406

 一方チェーンはどうよ。アイスとスノー、特に深雪ではスタッドレスよりも大きな効果を発揮します。走破性というべきか、これが高い。アイスでも抵抗の大きさから有利では。非金属製タイプの場合、トレッドには数多くのスパイクピンが装填されており効きを高めます。

 更にスタッドレスに比較すれば安価、使用しない場合はトランクに収納可能。マイナスは装着の煩わしさ、常に着脱が必要です。また装着時は乗り心地の悪さ、音も大きい。寿命の点でも厳しいかな。

 それぞれに優位性と劣位性はある。居住地域によって使い分けるべきでは。ただ市場はスタッドレスが圧倒的です。チェーンは飽くまでもエマージェンシーとしての役割に徹します。対してスタッドレスはクルマにとって重要な部品となるタイヤです。これが無いと走らない。そのことからも違いは大きい。

 ただ発展的にはこう考える。スタッドレス+チェーン=完全。最大ピンチならこの可能性を求めたい。スタッドレス装着でもトランクにはチェーンを備えておく。ただ日常は、スタッドレスとチェーンそれぞれのプラス、マイナスを理解し、利用環境により選択したい。

2017-2018年に向けられた最新タイヤチェーン情報! 最大規模の専用ページを構築し充実展開でお伝えする。市場特性から最近の傾向まで、チェーン選びに役立つ豊富な情報を惜しげもなく掲載する。
2017-2018年 最新タイヤチェーンを選ぶ。近年はこの3タイプが主流、非金属チェーン、金属チェーン、そして最近普及著しいタイヤに被せる布製カバー。各々の特性を独自観点から探る。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336