ピレリ 独自路線でブランドイメージと価格を使い分ける

 2015年に中国化学メーカーの中国化工集団公司に保有株式を売却することで合意したピレリ、その後このことに関する影響は少ないと判断し、F1における2017年からの延長も決定しました。

 イタリアを同じにするフェラーリ同様、ピレリにおけるF1タイヤは特別な存在です。1950年にF1が初開催された当初から、タイヤサプライヤーの1つとしてその責務を果たしています。ピレリの歴史はレースの歴史でもある、と言えそう。2015年は54ヶ国の250の選手権に参戦、その最高峰がF1だという。

 1981年に23年ぶりとなるF1への復帰、ただ弱小チームへの供給に留まります。1985年には前年にミシュランが撤退しグッドイヤーとの直接対決となりました。1985年には28年ぶりに勝利するも翌1986年には撤退。

 1989年復活し再びグッドイヤーとの対決。1990年ティレルへも供給となり、中島悟の入賞に貢献。しかし、1991年参戦数200戦目にしてまたもや撤退。

 2010年にはブリヂストンが撤退し、2011年から第4期となる供給が開始されました。20年ぶりとなる返り咲きは契約期間が3年、その後更新され2016年まで。そしてミシュランとの供給争いを征し2017年から2019年まで継続が決定しています。

 ここからはピレリの創設と国内展開に関して触れますね。1872年にジョヴァンニ・バッティスタ・ピレリによって創業されました。イタリア ミラノが本社所在地であり、世界第5位のシェアを誇ります。1992年よりミラノ株式市場に上場、世界4大陸に19の工場を持ち、160ヶ国以上で事業を展開しています。

 国内には1971年に阿部商会が独占販売契約を結び輸入開始。1999年には阿部商会とピレリが共同設立したP&Aが輸入発売元になりました。2005年P&Aとピレリが合併しピレリ・ジャパン設立となり、国内販売が本格的に開始されます。

 この間の1980年代後半の日本はバブル景気に沸いていたこともあり、当時の日本車には新車装着としてピレリを採用するメーカが目立ちました。いわゆるハイパフォーマンスとしてのブランド価値を見出した結果かと。現在国内ではほとんど見られないのでは。

 2014年国内低燃費タイヤの規定を満たす「Cinturato P7 Blue」が発売。国内でも独自路線の主張性を強く感じていたものの、その流れには緩やかに沿う。現在はブランドイメージと価格を上手に使い分け一定層への受け入れが進みます。

タイヤメーカーの歴史

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336