チェーン装着のタイミング 判断が意外に難しい

 いきなりの大雪にでもなれば即チェーン装着が必要と判断出来るでしょう。しかし、周りには雪が無い、道路はドライです。さぁ、これからスキーへ出発だ。こんな時、いったいどのタイミングで装着するかを判断するの意外と難しいんです。

 安全を第一に考えれば早期の装着が理想、と言われます。しかし、その早期が中々難しい。だから迷う人も多い。ここでは的確なタイミングを確認しようと思います。

16112405

 分かり易いようにこれから雪国へ向かう、まぁスキーでも温泉でも何でもいいんです。想像しよう。自宅を出る時はいい天気です。これから向かう雪国は天気が一変することなど全く想像出来ない。

 高速走行を続け1時間半以上経過、SAで休憩だ。遠くの山は雪景色、でもこのあたりまだ雪はないっすね。そこに入って来たクルマ、何だか酷く汚れている。そして屋根には雪が。ああ、この先は雪なんだ、と思う。

 さぁ、用も足したし出発です。暫く走ると外はどんより曇りやや怪しい雰囲気。そして少しずつ雪が降って来た。ならここで装着か! 道路状況はどうだろう、まずその確認を。ドライから少しウェットに変わり始めている程度。景色は雪に覆われる状況にはまだありません。ならまだ先でいいかと。

161008

 徐々に雪が激しくなってきた。でも対向車はチェーンを装着している気配はありません。まだ大丈夫かな。でも一旦ここで考えたい。雪国ならスタッドレス装着が通常。それに最近は非降雪地域でも推奨されていますから。ん・・どうしよう?

161102

 トラックや観光バスなどもチェック対象としたらいい。もし1台でもチェーン装着で通過したらここは早期のタイミングと判断出来そうです。そして路面がシャーベットに近い、更にはウェットながら外気温が5度以下位からは注意したい。景色が一気に冬、路面も真っ白ではもうヤバイ。

 但し、一般に高速なら規制は事前に電光掲示板に表示されます。この先「スベリ止必要」や「冬用タイヤ規制」、「チェーン規制」などが見られたら装着のタイミングを示すことになります。

 装着は大変危険なので決して路肩では行わないように。最寄のチェーン着脱場、PA、SAなど決まった場所で行いましょう。

 そして帰り、対向車がチェーンを付け始めたらこちらは外すタイミングです。雪の無いドライ路面を長く使用すると、チェーン切れを起こす可能性があります。外すタイミングも重要です。この際も路肩では行わないように。最寄のチェーン着脱場等で必ず行いましょう。

2016-2017年に向けられた最新タイヤチェーン情報! 最大規模の専用ページを構築し充実展開でお伝えする。市場特性から最近の傾向まで、チェーン選びに役立つ豊富な情報を惜しげもなく掲載する。
2016-2017年 最新タイヤチェーンを選ぶ。近年はこの3タイプが主流、非金属チェーン、金属チェーン、そして最近普及著しいタイヤに被せる布製カバー。各々の特性を独自観点から探る。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336