WANLIタイヤ 2016年国内正式参入を目指す

 中国のWANLIタイヤが2016年に国内正式参入を目指すという。これっていったいどういうこと? 既にWANLIは国内導入済みでは、と思うも、現状は「オートウェイ」による独自展開です。

16011904東京オートサロン2016

 2016年の東京オートサロンでは、広州豊力ゴムタイヤ有限公司(WANLI)がプレス発表を行いました。ここでは日本国内への参入とモータースポーツへの参加計画を明らかにしています。

16011906「SA302」のトレッド面

 示されたライナップにはスポーツの「SA302」がある。ウェット性能と転がり抵抗のバランスに優れ、日本市場でメインとしての役割を担います。その他コンフォート「H220」、SUV専用「AS028」なども展開の予定。WANLIは「ワンリー」、漢字で「万力」と示される。

 さぁ、これはどう受け止めよう。「オートウェイ」が展開する既存ライアップとは全く異なり、更なる高性能化は間違いないでしょう。そして注目は販路です。どんなルートが見出されるのか、ですね。

16011905レクサス LFA が展示。これ乗車体験用だ

 中国製の安かろう、悪かろうのイメージを打ち破りたい、とするその施策は大いに興味があるところです。具体性が見えてきたらまたお伝えしようと思います。

WANLIタイヤ性能比較 – アジアンタイヤWEBサイト

広告
336
広告
336