ファルケン強化は自由度を活かす戦略では

 ファルケンの国内展開には危機さえ感じるほど、これがとっても寂しい。ある意味放置プレイが長く続いていました。事態が一転したのは2015年夏頃から、ファルケンに対する強化が動き始めました。

 ファルケンを製造、販売するのは住友ゴムです。2003年オーツタイヤ(ファルケンはブランド名)を吸収合併し、2005年ダンロップファルケンタイヤを設立も2010年に統合。ファルケンは、ダンロップ、そして当時はグッドイヤーとともにブランドのひとつとして国内展開されることになります。

 オーツタイヤは1944年に大日本航空機タイヤとして設立。1945年大津ゴム工業に改称しクルマ用タイヤ生産に転換。1962年オーツタイヤに改称。本社所在地は大阪府泉大津市、オーツはこの泉大津市に由来するものだという。そして現在も残るブランド名ファルケンは1983年に登場。しかし、厳しいシェア競争の末、住友ゴムへの吸収合併へ向かいます。

 その後、住友ゴムの海外強化策によって国内では非常に厳しい、というか寂しい時期を迎えます。一時は3銘柄まで縮小、どうしたファルケン? と思ったのは私だけではないはず。

 そこに訪れたのが、住友ゴムと米グッドイヤーとのタイヤ事業におけるアライアンスの解消です。15年に渡る提携関係が終了。それまで住友ゴムは、ダンロップが使用出来ない地域ではファルケン等を展開して来ました。当然グッドイヤー主導のダンロップとは競合することになり摩擦も起きる。このあたりが提携解消への理由付けになったのでは。

 ファルケンにとっては足枷が外されたことになります。住友ゴムはファルケンの世界販売本数を2020年に現状の2倍、構成比率も2割から3割に引き上げるという。明らかに米グッドイヤーとの提携解消によるものです。ファルケンの自由度を最大限活用し、欧米、そして中国などでの販売体制を拡大させます。

 ブランド露出は直ぐに具体化され、ドイツのプロサッカーリーグ・ブンデスリーガ1部の FCインゴルシュタット04 とプレミアムスポンサーシップ契約を締結。そう言えば Red Bull Air Race でオフィシャルパートナーを務めたり、FALKEN Cafe Aoyama をオープンするという目立った動きもその直前から活発化させていました。

 国内展開は、メイン商品となる ZIEX を柱としたラインアップを構築しています。グローバル製品を多く取り込み全体のボリュームアップを図ります。ただオーツ由来の雰囲気が感じられなくなってしまったのが残念です。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336